「狂ったプーチン信じず」 ウクライナ国民に怒りと警戒感

 27日、ウクライナ西部リビウの中心部を歩く人々(共同)
 27日、ウクライナ西部リビウの中心部を歩く人々(共同)
【リビウ共同】「狂っているプーチン大統領を信じられるわけがない」―。ロシアとの停戦交渉合意が発表された27日のウクライナ。日夜の戦闘に脅かされ続けてきた市民の間には、ロシア最高指導者への強い怒りと警戒感が渦巻いていた。 全土から避難民がなだ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録