天鐘(2月28日)

69年前、旧ソ連書記長のスターリンが別荘で倒れ、大脳出血で息を引き取った。希代の独裁者の末路で施された救命措置は蛭(ヒル)に吸血させたり、ハッカとカフェインを飲ませたり、何とも頓珍漢(とんちんかん)な治療ばかりだった▼猜疑心(さいぎしん)の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録