接種遅れが招くクラスター 二重のリスク、介護職員も疲弊/高齢者施設のコロナ対策

 高齢者施設で3回目接種が2月までに終わるかどうか
 高齢者施設で3回目接種が2月までに終わるかどうか
新型コロナウイルスのオミクロン株が、重症化リスクの高い高齢者施設を直撃している。クラスター(感染者集団)の発生が後を絶たず、約1カ月前の7倍に急増。施設の介護職員は、病床逼迫(ひっぱく)で病院に入れない入所者の容体急変や自身の感染という二重.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録