Free「ハチカ」サービス開始 バス運賃の支払い手軽に

記念乗車でハチカを利用する熊谷雄一市長=26日、八戸市
記念乗車でハチカを利用する熊谷雄一市長=26日、八戸市

八戸市営バスと南部バスが導入を進めてきた地域連携ICカード「ハチカ」のサービスが26日、始まった。交通系ICカードの導入は青森県内で初めて。小銭などの準備が不要で運賃の支払いがスムーズになった。従来の利用者の利便性向上と共に、減少傾向にあるバス利用者の新たな掘り起こしが期待される。

 ハチカは、市交通部と南部バスを運行する岩手県北自動車(盛岡市・松本順社長)の事業で、公営、民営事業者がエリア全体で共同展開する全国初のケース。八戸圏域を運行する路線バスの運賃支払いや定期券、交通ポイント付与といった地域独自サービスに加え、Suica(スイカ)エリアで利用できる乗車券、電子マネーなどの機能が集約されている。

 スイカや、スイカと相互利用が可能な交通系ICカードも市営バスと南部バスで利用でき、圏域を訪れるビジネス客や観光客の利便性も高まるほか、非接触のキャッシュレス決済で新型コロナウイルス禍の社会環境に対応。事業者側は乗降データを正確に把握し、ダイヤの見直しや路線再編に反映させることで、事業の効率化を図る。

 同日、八戸市庁で開かれたサービス開始記念式典には、熊谷雄一市長や関係自治体の首長、岩手県北自動車、JR東日本盛岡支社などの関係者が出席。熊谷市長は「両事業者による共通サービスをPRし、ICカードの普及とバスの利用促進を図りたい」とあいさつ。岩手県北自動車の鈴木拓副社長は「利便性の高い公共交通ネットワークを提供し、圏域の居住・交流人口の増加に少しでも貢献したい」と述べた。

 式典終了後は関係者がバスに記念乗車し、ハチカの使い心地を確かめた。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録