Free【あの日の紙面】1999(平成11)年2月5日

あの日の紙面

大鰐町で行われた第48回全国高校スキー大会(インターハイ)の女子10キロフリーで、福田修子(大鰐高3年)が悲願の地元優勝を果たした。走り慣れたコースで得意のフリー。下りで体力を温存し、ラスト2キロで勝負する作戦がピタリとはまった。

 5キロクラシカルはペース配分をミスして4位に終わっており、レース後は「今までこんなうれしいことはなかった」と、涙を流した。卒業後は地元チームに所属し、ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと3大会連続で五輪に出場した。

 

お気に入り登録