コロナ禍で妊活控えも 感染、ワクチン接種に不安 21年出生数、過去最少更新

 性と生殖に関する権利について情報発信するNGOのプロジェクト「ILADY.」のグループ「FAMIPLA」のオンラインサロンの様子
 性と生殖に関する権利について情報発信するNGOのプロジェクト「ILADY.」のグループ「FAMIPLA」のオンラインサロンの様子
厚生労働省の統計で、2021年の出生数が速報値で84万2897人となり、過去最少を更新した。新型コロナウイルス禍の中、感染リスクの懸念やワクチン接種への不安などから「妊活」を控えるケースもあったとみられる。通常とは異なる状況下でも安心して赤.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録