経済影響0・5億円上向き 東北電、東通村議会に説明

東北電力東通原発1号機(東通村)の安全対策工事の完了時期を2021年度から24年度に3年延期したことによる村内の経済的影響について、東北電の青木宏昭執行役員東通原発所長は25日、同村議会全員協議会の席上、東日本大震災前後で経済的影響額を試算.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録