世界の自由「危うい局面」 中ロ脅威、民主陣営に試練/ウクライナ侵攻

 ウクライナを巡る関係国の構図
 ウクライナを巡る関係国の構図
ロシアが全面的に侵攻したウクライナでは25日、各地で激戦が続いた。主権国家への明白な侵略を食い止められず、民主主義国の盟主、米国の主導で築かれた国際秩序は激しく揺さぶられている。「世界の自由は危うい局面にある」(バイデン大統領)。一方で中国.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録