【新型コロナ】オミクロン派生型「BA・2」 青森県内初確認

青森県は24日、県内で1月後半に新型コロナウイルス感染が確認された1人から、オミクロン株の派生型「BA・2」が検出されたと明らかにした。県内で派生型の感染が確認されるのは初めて。 県環境保健センターのゲノム解析で明らかになった。感染経路は関.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録