東証、一時2万6千円割れ ウクライナ情勢に警戒感

休日明け24日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続落した。休日前の22日終値に比べた下げ幅は一時600円を超え、2020年11月以来、約1年3カ月ぶりに節目の2万6000円を割り込んだ。ウクライナ情勢への警戒感から前日の米国株式.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録