電力ゼロ焼却炉やAI導入 東京、温室ガス削減へ模索

 下水処理のイメージ
 下水処理のイメージ
地球温暖化対策の一環として、下水道事業で排出される温室効果ガスの削減に向けた議論が進む中、国内最大の下水道事業者の東京都下水道局が、電力を自給する焼却炉の導入や、人工知能(AI)を活用した技術開発に取り組んでいる。都が目標とする2050年ま.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録