大阪高裁の判決契機に「抜本解決」を 旧優生保護法巡る訴訟

 旧優生保護法下の強制不妊手術を巡る訴訟の判決で、「請求認容」「原判決取り消し」の紙を掲げる原告側弁護士ら=22日午後、大阪高裁前
 旧優生保護法下の強制不妊手術を巡る訴訟の判決で、「請求認容」「原判決取り消し」の紙を掲げる原告側弁護士ら=22日午後、大阪高裁前
障害者らに不妊手術を強いた旧優生保護法を巡る訴訟で大阪高裁が22日、初めて国に賠償を命じた。一連の訴訟で立ちはだかり続けてきた「時の壁」を破ったことに、原告らは「画期的な判決」だと喜ぶ。ただ被害者らは高齢化しており、亡くなった原告もいる。一.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録