ロシア、力ずくの現状変更 制裁覚悟、国際秩序に激震/ウクライナ情勢

 ウクライナを巡る関係国の構図(写真はロイター)
 ウクライナを巡る関係国の構図(写真はロイター)
ロシアのプーチン大統領がウクライナ東部の親ロ派2地域の独立を承認、派兵を命じた。隣国の主権を侵害して力ずくで現状を変更する動きに他ならず、冷戦後の米欧主導の国際秩序を激しく揺さぶっている。米欧は「前例のない制裁」発動を警告して抑止を図ったが.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録