AIが防犯パトロール支援 警戒地域を予測、摘発も

 AIで作成されたパトロールの経路を、スマートフォンのアプリで確認する防犯ボランティアの男性=2020年11月、名古屋市(同市提供)
 AIで作成されたパトロールの経路を、スマートフォンのアプリで確認する防犯ボランティアの男性=2020年11月、名古屋市(同市提供)
人工知能(AI)によって犯罪の発生時間や場所を予測し、地域の防犯に活用する取り組みが進んでいる。AIが警戒を指示した地域を重点的にパトロールすることで、犯罪の抑止を目指す。実証実験では摘発につながった実績もあり、名古屋市は昨年から本格的に導.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録