強制不妊、初の賠償命令 旧優生保護法、国に責任

 旧優生保護法下の不妊手術を巡る訴訟の判決で大阪高裁に向かう原告側支援者ら=22日午後
 旧優生保護法下の不妊手術を巡る訴訟の判決で大阪高裁に向かう原告側支援者ら=22日午後
旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられたのは憲法違反として、聴覚障害のある大阪府の70~80代夫婦と、近畿在住で知的障害のある70代女性が国に計5500万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁(太田晃詳裁判長)は2.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録