【秋田スキー国体】最後までリズムに乗れず/少年男子大回転の福山

【アルペン大回転少年男子】59秒85で32位だった福山修(東義高)
【アルペン大回転少年男子】59秒85で32位だった福山修(東義高)
アルペン少年男子大回転では、初の国体に挑んだ2年の福山修(新郷中―東義高)が県勢最高の32位。「最後までリズムに乗れないままゴールした。悔しい」と肩を落とした。 急斜面は得意だが、スタート直後の細かい旗門の配置に苦しみ、勢いに乗れなかった。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録