法の支配軽視、対策迷走/コロナ国内初確認2年

 飲食店に対する営業規制の流れ
 飲食店に対する営業規制の流れ
新型コロナウイルスの感染者が国内で初めて確認されてから15日で2年となる。この間、飲食店は感染防止対策に伴って厳しい営業規制を受けてきた。コロナ対応の特別措置法が根拠だが、「法の支配」軽視の姿勢が目立つ政府の対策は迷走。国民の権利制限を巡る.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録