価格支え、転作補助頼み 減産も「コメ以外」に壁/22年産米の生産量目安

 2021年産作付け 主食用米からの転換先
 2021年産作付け 主食用米からの転換先
2022年産米の生産量の目安では、新型コロナウイルス禍の需要落ち込みが響いた前年から、さらに減産する産地が相次いだ。消費者のコメ離れが進む中、国は補助金による転作で米価下支えを図るが、産地からは農家の高齢化などを背景に、コメ以外の作物への転.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録