工夫凝らしたロボットで熱戦 八戸市少年少女発明クラブ

自慢のロボットで熱戦を繰り広げた大会
自慢のロボットで熱戦を繰り広げた大会
八戸市少年少女発明クラブは8日、市福祉公民館で第26回ロボットコンテストを開催した。同クラブの児童、生徒35人が、工夫を凝らした自慢のロボットを操作して熱戦を繰り広げた。 毎年1月に開催しており、基礎コースとクリエイティブコースに分かれて競.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録