遺体は容疑者の父 死因は循環不全/青森市の死体遺棄事件

自宅に男性の遺体を遺棄したとして青森市堤町2丁目、無職女(46)が死体遺棄容疑で逮捕された事件で、青森署は13日、司法解剖の結果、男性の死因は循環不全だったと発表した。遺体は容疑者の父親=当時(78)=と判明。死後数カ月経過しているとみられ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録