五輪金と医師を目指して 現役続行の柔道朝比奈

 トランポリンの上でポーズをとる柔道女子の朝比奈沙羅=9日、神奈川県寒川町
 トランポリンの上でポーズをとる柔道女子の朝比奈沙羅=9日、神奈川県寒川町
五輪金メダルと医師を志し、高い次元の文武両道実現を目指す。柔道女子78キロ超級で昨年6月の世界選手権を制した25歳の朝比奈沙羅(ビッグツリー)は独協医大で学びつつ、2024年パリ五輪代表を目指して現役続行を明言。「勉強が大変で、そろそろ引退.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録