観光、飲食に変異株暗雲 忍び寄るコスト高

 全国消費者物価指数の動き
 全国消費者物価指数の動き
日銀は1月の地域経済報告(さくらリポート)で全地域の景気判断をいったん引き上げたが、足元では新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」が急拡大し、行動制限の再強化方針で観光や飲食の先行きには暗雲が漂う。コスト高による「悪い物価上昇」の影も忍び.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録