【新型コロナ】医療計画、早くもほころび 感染急拡大、自治体困惑

 自治体の主な対策強化
 自治体の主な対策強化
新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」による感染の急拡大を受け、政府は自宅療養体制の強化を打ち出した。安心感をアピールしたい思惑が透けるが、感染者数が想定を上回った県もあり、わずか2カ月前に「最悪の事態を想定した」と胸を張った医療計画が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録