【新型コロナ】オミクロン感染者 青森県が入院の原則見直し 軽症なら自宅療養も

青森県は12日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者について、全員入院としていた方針を見直し、軽症や無症状であれば宿泊療養などで対応すると発表した。今後の感染拡大を見据え、重症患者や中等症患者の入院病床を確保するため。 オミ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録