【新型コロナ】青森県内で再拡大 年末年始の人流増で波及か

オミクロン株による急激な感染拡大に懸念を示す県感染症対策コーディネーターの大西基喜医師(右)=12日、青森県庁
オミクロン株による急激な感染拡大に懸念を示す県感染症対策コーディネーターの大西基喜医師(右)=12日、青森県庁
今年に入り、青森県内で新型コロナウイルスの感染が再拡大している。12日の新規感染者は86人で、80人を超えたのは昨年9月2日以来。専門家は感染急拡大の要因について、年末年始の人流増加や感染力が強い新変異株「オミクロン株」の影響を指摘。県内の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録