リコール署名偽造、有罪 事件で初判決、元社長に

 署名偽造事件を巡る経過
 署名偽造事件を巡る経過
愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)を巡る署名偽造事件で、地方自治法違反(署名偽造)の罪に問われた広告関連会社の元社長山口彬被告(39)に、名古屋地裁(山田耕司裁判長)は12日、懲役1年4月、執行猶予4年(求刑懲役1年4月)の判決を言.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録