地銀のシステム改革課題 安全性と利便性の両立必要

2022年の地域金融業界は、新型コロナウイルスへの警戒が続くものの、国の経済対策で企業倒産は抑え込まれ、当面の業績は底堅く推移するだろう。再編の動きと共に、低金利で行き詰まった伝統的な預貸業務モデルからの脱却を目指す挑戦も続く。課題は地方銀.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録