首相、感染第6波へ正念場 コロナ対策「先手対応」問われる真価

 岸田内閣・新型コロナ対策の経過(写真入り)
 岸田内閣・新型コロナ対策の経過(写真入り)
岸田文雄首相が新型コロナウイルス「オミクロン株」の対策強化を打ち出した。第6波と指摘される現状は、内閣として初めて対峙(たいじ)する感染急拡大の局面。東京、大阪など大都市圏の感染を抑え込み、医療逼迫(ひっぱく)を防げるか、自身が重視する「先.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録