名場面を生んだ着地 内村、不世出の天才

 リオデジャネイロ五輪の男子個人総合決勝の鉄棒で着地した内村航平=2016年8月(共同)
 リオデジャネイロ五輪の男子個人総合決勝の鉄棒で着地した内村航平=2016年8月(共同)
両足がマットに吸い付くように、ぴたりと止まる。体操男子個人総合で五輪2連覇を成し遂げ、11日に現役引退を発表した内村航平(ジョイカル)は代名詞となった着地で魅了してきた。特に男子個人総合決勝で最終種目となることが多い鉄棒では、完璧な着地で0.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録