北日本と北陸で暴風雪警戒/14日まで冬型気圧配置に

急速に発達する低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、北日本と北陸地方では12日は暴風雪や大しけ、大雪となるところがあり、気象庁は11日、猛吹雪や大雪による交通障害、高波に警戒するよう呼び掛けた。 気象庁によると、日本海と日本の南に発生する二つ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録