来日待機者、葛藤続く 受け入れ自治体も危機感

 外国青年招致事業の仕組み
 外国青年招致事業の仕組み
語学指導などで日本への赴任を心待ちにしていた世界の若者たちが、苦難に直面している。「いつまで待てばいいのか」。長引く新型コロナウイルスの影響に赴任の希望を貫くか葛藤は続き、受け入れを予定する自治体側も危機感を募らせる。 ▽困窮 「多くの人が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録