天鐘(1月11日)

越後出身の鈴木牧之(ぼくし)(1770~1842年)が著した『北越雪譜(せっぷ)』は、雪国の厳しい暮らしぶりを描く。世に出ると江戸庶民の間で人気を博し、今で言うベストセラーになった▼〈されば暖国の人のごとく初雪を観(み)て吟詠遊興のたのしみ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録