登用阻む長時間労働 ジェンダー平等、施策の鍵 教委の女性管理職割合

 ジェンダー平等を巡る教育の動き
 ジェンダー平等を巡る教育の動き
教育委員会事務局の管理職に女性の登用が進んでいない。女性管理職の割合は、公立小中高校などは2021年度にようやく20%を超えた一方、都道府県教委事務局は15・8%。地域の教育の「司令塔」と言える教委は長時間労働になりがちで、それが壁となって.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録