きっかけは本紙こだま欄 道仏小児童が地元の城探究

伊藤航主事(左)から説明を受けながらかつて道仏城のあった館神社を散策する児童
伊藤航主事(左)から説明を受けながらかつて道仏城のあった館神社を散策する児童
新聞から町の歴史を学び、探検に出掛けよう―。階上町立道仏小(藤田裕司校長)は昨年11月下旬から12月上旬にかけ、本紙のこだま欄を基に、町にかつて存在した「道仏城」について探究、見学する授業を展開した。6年生14人は同町の館神社に足を運び、戦.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録