【新型コロナ】三大対策に高まる危機感 感染者急増、治療に支障も

 新型コロナ感染拡大に向けた対策と課題
 新型コロナ感染拡大に向けた対策と課題
国内で感染力が強い新型コロナウイルスのオミクロン株が主流化し感染者が急増、8日は約4カ月ぶりに8千人を超えた。岸田政権は医療体制の強化とワクチン接種、治療薬の三大対策で流行の「第6波」を迎え撃つ構えだ。だが、治療薬は服用条件が厳しい上に供給.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録