「大多数が無症状か軽症」 米空軍がメール回答 三沢基地のコロナ感染

米軍三沢基地の米空軍第35戦闘航空団は8日までの本紙取材に、新型コロナウイルス感染が急拡大している基地内の医療体制について「医療従事者が通常の医療行為に加え、検査や看護、接触者の追跡、陽性者の状態の確認に全力で当たっている」と強調。感染者の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録