【新型コロナ】医療崩壊リスク回避が鍵 徹底封じ込めは限界も

 感染対策のため封鎖された居住区の住民に届けられた野菜=5日、中国陝西省西安市(新華社=共同)
 感染対策のため封鎖された居住区の住民に届けられた野菜=5日、中国陝西省西安市(新華社=共同)
新型コロナウイルスの変異株、オミクロン株が猛威を振るう中、規制を強めず「ウイルスとの共生」を選んだ国々にとって、感染急拡大で医療が崩壊するリスクをどう回避するかが鍵だ。米英では軍も動員した医療体制の拡充に加え、重症化を防ぐワクチンの追加接種.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録