車両不具合影響 上下計21本運休/IGR

IGRいわて銀河鉄道などによると、8日午前2時45分ごろ、小繫―奥中山高原駅間で、走行中の貨物列車が車両の不具合を検知し停車した。列車は午後0時50分ごろ運転を再開した。原因は不明という。この影響で、盛岡―八戸間の普通列車上下計21本が一部.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録