【沖縄はいま 復帰50年】第1部(5・完)遠い故郷、守ったルーツ

 常連客でにぎわう沖縄料理店「より道」。左端はママの末安喜代子=2021年12月、兵庫県尼崎市
 常連客でにぎわう沖縄料理店「より道」。左端はママの末安喜代子=2021年12月、兵庫県尼崎市
沖縄にルーツを持つ人たちが住む街、兵庫県尼崎市の戸ノ内地区。大阪府との境で、川に囲まれた離れ小島のようなこの地に夜のとばりが降りる頃、沖縄料理店「より道」が明かりをともす。カラオケで民謡を歌い、泡盛に酔いしれるうちなーんちゅ(沖縄人)たち。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録