空の玄関口、一層発展へ 三沢空港が民間機就航70周年

11日に民間機就航70周年を迎える三沢空港=2021年12月下旬、三沢市
11日に民間機就航70周年を迎える三沢空港=2021年12月下旬、三沢市
三沢空港が11日、民間機の就航から70周年を迎える。1952年に日本航空の東京―札幌便が寄航して以来、青森県と国内主要都市との結節点として成長。在日米軍と航空自衛隊、民間航空会社が共用する国内唯一の空港で、民間定期便の運航は1日7便に限られ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録