時評(1月8日)

新年の世界を展望するとき、「平和と安定」にはほど遠い「混迷と不安」に満ちているように見える。 その最大の要因は新型コロナウイルスの地球規模の感染拡大にストップがかからないことだろう。紛争地などの飢餓の危機に対する人道支援問題や気候変動への対.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録