日米、原子力で連携強化 脱炭素へ、高速炉や小型炉

萩生田光一経済産業相と米エネルギー省のグランホルム長官は6日、オンライン形式で会談した。脱炭素の実現に向け、米企業などが開発する原子力の高速炉や小型モジュール炉(SMR)の国際連携による実証に、日本政府として取り組む方針を伝えた。原子力分野.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録