Free朝のニュースダイジェスト(1月7日)

【年末年始は20万人が利用】
 JR東日本盛岡支社が6日発表した年末年始期間(昨年12月28日~1月5日)の管内利用状況によると、東北新幹線盛岡―八戸間の利用者は上下合わせて20万1千人で、前年を大きく上回った。

 【志望倍率は前年並み】
 青森県教委は6日、22年3月に県内中学校と特別支援学校中学部を卒業する生徒の進路志望状況第2次調査結果を公表。県立高全日制課程の志望倍率は前年と同じ0・98倍。

 【統計開始以降最少】
 東京商工リサーチ青森支店は6日、青森県内企業の21年倒産状況をまとめた。負債総額1千万円以上の倒産件数は33件、負債総額60億4700万円で、共に1972年の統計開始以降最少。

 【純利益は28億円】
 アークス(札幌市)は6日、21年3~11月期の連結決算を発表。グループのスーパー・ユニバース(八戸市)は売上高977億5600万円、純利益28億7900万円だった。

 【岩手コロナ・新たに6人】
 岩手県は6日、新たに二戸市の80代男性と同市滞在で県外在住の20代女性を含む男女6人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。累計感染者数は3506人となった。

お気に入り登録