60人が指し初め楽しむ 新春恒例将棋大会/八戸

新年最初の大会に臨む参加者
新年最初の大会に臨む参加者
第49回新春恒例将棋大会(日本将棋連盟八戸支部主催)が3日、八戸市のデーリー東北新聞社で開かれた。青森県内外から参加した60人が3クラスに分かれ、新年の指し初めを楽しんだ。 最上位クラスの有段A(三段以上)は、八戸市出身の伊東恒紀五段(東京.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録