海なし県でもエビにフグ 陸上養殖、地域振興に期待

 廃校の教室に設けた水槽で飼育されるトラフグと担当者=奈良県天川村
 廃校の教室に設けた水槽で飼育されるトラフグと担当者=奈良県天川村
内陸のいわゆる「海なし県」でエビやフグなどの海の幸を育てて出荷する陸上養殖が盛んになっている。軌道に乗れば安定的な収入が見込め、地域振興にもつながる。専門家は「人口増で食料不足が懸念されており、陸上養殖は世界的に投資の対象になっている」と話.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録