カーリング、データで磨く 北海道で研究、競技に活用

 カーリングのストーンに取り付けられた赤外線の機器。天井に設置された赤外線カメラで撮影し軌跡をデータ化する=北海道北見市
 カーリングのストーンに取り付けられた赤外線の機器。天井に設置された赤外線カメラで撮影し軌跡をデータ化する=北海道北見市
「氷上のチェス」と呼ばれるカーリングの研究に、北見工業大の桝井文人教授(55)らのチームが取り組んでいる。試合記録を蓄積したり、選手の動作を解析したりするシステムを開発。これまで戦術の考案や日々の練習は経験や感覚に頼ることが主だったが、客観.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録