中国恒大に建物撤去命令 海上人工島、株取引に影響

 中国恒大集団が運営する人工島リゾート「海花島」=2021年11月、中国海南省(共同)
 中国恒大集団が運営する人工島リゾート「海花島」=2021年11月、中国海南省(共同)
【北京共同】経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団は、中国海南省(海南島)で運営する人工島リゾートを巡り、建設中の一部建物の取り壊しを現地政府から4日までに命じられた。違法建築と認定された。信用力の一層の低下につながれば、事業の立.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録