静岡・清水港を農産物輸出拠点に 鮮度保持し東南アジアへ

 清水港からの農産物輸出のイメージ
 清水港からの農産物輸出のイメージ
静岡市の清水港を農産物の輸出拠点にしようと、国土交通省や静岡県が力を入れている。日本産の野菜や果物が人気の東南アジアや台湾をターゲットに、海上輸送でも鮮度維持できるよう実験を重ね、冷蔵施設を強化。2021年8月に中部横断自動車道の静岡、山梨.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録