岩盤内の横ずれ断層型 震度5強は15年以来

東京・小笠原諸島の母島で4日早朝に発生した最大震度5強の地震について記者会見した気象庁は、太平洋プレートがフィリピン海プレートの下に沈み込む際に、岩盤内で発生した横ずれの断層型との見解を示した。小笠原で震度5強の揺れを観測したのは2015年.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録