人工授精、正しく理解3割 不妊治療、情報提供に課題

人工授精の内容を正確に理解している人は約3割―。2022年4月から公的医療保険の適用拡大が決まった不妊治療について、知識が十分に浸透していないことが国立成育医療研究センター(東京)などの調査で分かった。効果的な情報提供の在り方が課題となりそ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録